キャンパスライフ

学生相談

学生相談室は「皆さんの学生生活がより充実したものになるようお手伝いをするところ」です。

■□■□ 学生相談室でのサービス ■□■□
☆カウンセリング
臨床心理士との面談を通して、困りごとの解決の糸口を見つけていきます。また、「話す」という行為はストレス発散の効果もあるので、とりあえず、「思いつくままに話す」というのもありです。
どんな問題でも、気持ちの安定、整理、方向付けができるように、一緒に考えていきます。一人でも、お友達、親子、先生など誰かと一緒でも、どちらでも大丈夫です。

☆精神科・心療内科クリニックのご紹介
学校周辺のクリニック、近隣のクリニック、特定の症状に強い病院など、学生相談室に資料がありますので、必要と希望に合わせてご紹介させて頂きます。
例えば、「眠れない」「食欲がない」「授業に出られない」「人と話すのがつらい」「気分が不安定」
などなど、少しでも気になることがあれば、できるだけ早めに相談してみましょう。

☆外部支援機関のご紹介
クリニック以外の相談機関や支援機関のご紹介も行っています。「どこに相談したらいいんだろう」「そもそも、こんなこと相談していいのかな」と思ったら、まずは学生相談室を訪れてみてください。

☆図書貸し出し
『困った感情」のトリセツ』『私は私、母は母』『幸せ!の給料学』など皆様の困りごとに役立つ図書を揃えています。図書の貸し出しだけの相談室利用も歓迎しています。


◆◆こんなときにご利用ください◆◆
いつでもどうぞ。どんなに小さなことだと思えても、どんな問題でも構いません。「こんなことで利用してはいけないのでは・・・」「何でも話さなくてはいけないのかな・・・」
さまざまな戸惑いがあって当然です。そんなときは、どうぞ、そのままの気持ちを聞かせてください。
    例えば・・・
        健        康:眠れない。食欲がない。やる気が出ない。気分の波が大きい。肩こりがひどい。
        人付き合い:友人、家族、バイト先の人など、どう付き合えばいいのか分からない。
        性        格:性格を変えたい。自己理解を深めたい。自分のことが好きではない。
        学        業:楽器の練習が辛い。授業に出られない。課題を仕上げられない。
        将        来:自分が本当は何がしたいのか、何に興味があるのかわからない。
        生        活:片付けられない。忘れ物・遅刻が多い。トラブルに巻き込まれた。


◆◆ご利用の方法◆◆
●学生相談室が開室しているときは、いつでも利用できます。
●来室は、お友達・ご家族と一緒でも、一人でも、どちらでも結構です。
●予約をする場合(後日、連絡に致します。閉室時は返信が遅くなります。)
    予約方法@
    学生相談室に備えてある「相談申込みカード」に必要事項を記入して相談室前のポストに投函する。
    予約方法A
    相談室宛(soudan@tokyo-ondai.ac.jp)に、学籍番号、専攻、名前、連絡先、相談希望日と希望の時間帯
    を書いてメールする。(メールによる相談には対応できませんので、ご注意下さい。)
●予約をしない場合
ゆっくりと時間をとるため、原則として予約制になっていますが、カウンセラーの時間が空いていれば相談できます。直接、いらしてください。

開室のご案内  月〜金曜日  9:30〜17:30

スタッフ
臨床心理士   女性2名が曜日ごとに交代で担当しています。
精神科医      月1回。日程が決まり次第、学生支援課掲示板、学生相談室掲示板などでお知らせします
                  ので、ご覧下さい。

◆◆利用対象と費用◆◆
東京音楽大学の学生・院生、東京音楽大学付属高校の生徒ならどなたでも利用することができます。ご家族の方、教職員も、学生・院生・生徒に関することであれば、利用できます。料金はかかりません。

◆◆カウンセリングとは◆◆
●カウンセラーとの面談を通して、困りごとの解決の糸口を見つけていきます。
●どんな問題でも、あなたの気持ちの安定、整理、方向付けができるように、一緒に考え、援助していきます。
●必要と希望に応じて、適切な学内窓口や外部相談機関、医療機関などを紹介します。



学生相談室 Q&Aコーナー
●何でも話さないといけないの?
→話したくないことは話さなくても大丈夫です。
定期的に時間がとれないけど大丈夫?
→1回のみでもOKです。続ける場合は週1回〜月1回など、あなたのペースを相談させてください。
誰かに内容が知られてしまう?
→大丈夫です。ご相談内容の秘密は守られます。
上手く話せないかもしれないけど大丈夫?
→自分の問題を上手く話せる人は案外少ないものです。あなたの話しやすいことから話してください。話しにくいとき
には、リラクゼーションや描画療法を行うこともできます。

◆◆ここが学生相談室です◆◆

相談室の外側の扉です。
(医務室の隣、B館2階にあります。)
ノックせずにお入りください。




相談室の待合です。
面接までここでお待ちいただけます。





待合には図書コーナーがあるので、本を読んだり、
予約用紙を記入したりすることもできます。
本を借りたい場合には、カウンセラーにお申し
付けください。



相談室の内側の扉です。
ここが開いている時は予約が入ってない時です。
中のカウンセラーにお気軽に声をかけてください。





相談室内です。
こちらのお部屋でお話をうかがいます。

このページの先頭へ