学部・学科紹介
作曲指揮専攻

作曲 映画放送音楽コース

音楽の新しい風を東京音楽大学から―

映画・放送音楽コースは、ポピュラー・ミュージック、映画、放送などの商業音楽の分野で作曲・音楽制作に携わる人材の育成を目指しています。商業音楽での作曲・編曲技法の修得、ソフトウェア、ハードウエア等各種ツールの理解、楽器演奏、プリプロダクション、スタジオレコーディング、セルフプロデュースによるCD制作等の実践を経て、修了後音楽業界で即戦力となるためのカリキュラムで構成されています。教室となるレコーディングスタジオ、プリプロダクションルーム等の施設環境は、音楽業界の現状を反映する形で常にアップデートされています。この恵まれた環境を生かし、商業音楽の最前線で活躍している教授・講師の教えを受け、音楽制作におけるプロの技術に接することにより、学生はそれぞれの資質をさらに伸ばしていくことができます。
先輩たちは、みなそうやって本学で積極的に学び、大きく育っていきました。将来、音楽のプロとして仕事をしていきたいと考える皆さんにとって、現在も進化を続ける映画・放送音楽コースは、目を開かれる場所となることでしょう。

<予告>平成26年度入学試験における入試科目の変更について(作曲「映画・放送音楽コース」)
平成26年度入学試験から、作曲「映画・放送音楽コース」の入学試験科目の一部を変更します。
詳しくはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ