学部・学科紹介
作曲指揮専攻

作曲 ポピュラー・インストゥルメンツコース

音楽制作現場においてリーダー的な役割を担い、ポピュラー音楽界を牽引するギター・ベース・ドラムスの奏者を求めています

平成17年度からスタートしたポピュラー・インストゥルメンツコース(略称=インストコース)は、楽器の奏法やリズム、アンサンブル、アドリブソロなどの学びに加え、イヤートレーニング・和声・楽典・読譜などの基礎を改めて身につけ、その上にコンピューター・ソフトウェア・シンセサイザー・MIDIなど現在のポピュラー音楽制作に欠かせない技術を実践習得します。
このコースを最も特徴付けるカリキュラムにレコーディングスタジオでの実習があります。ここでは年間を通じてレコーディング現場のシミュレーションとも言える時間をじっくり持ちます。特筆すべき点は作曲指揮専攻の「映画・放送音楽コース」の生徒たちと一緒に学ぶという点で、これが他では類を見ない恵まれた環境を作っています。リーダーになろうとする者には演奏家としての資質はもちろん、作編曲能力、音楽の内容を見抜く力、録音現場のシステムに対する知識、作業の流れの把握力、プロデュースやディレクションに対する理解、人を導く指導力や包容力、エンジニア・クライアント・スポンサーなどとの協調性など、様々な知識と音楽界に対する理解が求められます。このレコーディング実習はその点で抜群の環境と言えます。さらに卒業制作として自作曲によるアルバム(CD一枚)を制作します。準備段階として企画書作成、作曲、譜面起こし、日程調整、レコーディングメンバー選定、エンジニアとの打ち合わせなど。そしてレコーディング本番では録音される音についての吟味、演奏をするミュージシャンたちとのコンセプトの確認や作編曲者としての意思伝達。また全体のモチベーションを上げる配慮。そして演奏。さらにレコーディング終了後のOKテイクの決定や種々の手直し、またジャケットデザインなど。制作現場でのほぼあらゆる体験をするということになります。
このコースを出た生徒の最大の強みは、以上のような体験をすることによって現場において常に全体像が見える人になっているという点です。単なる演奏家という立場ではなく、作編曲は勿論、レコーディングやポピュラー音楽制作の全般に関与し、常に全体像を把握しながら創作活動にかかわることの出来る人、すなわち音楽制作現場においてリーダー的な役割を担える演奏家を養成する。それがこのポピュラー・インストゥルメンツコースです。

このページの先頭へ