学部・学科紹介
声楽専攻

声楽

世界を魅了する声楽家をめざして、自分の身体を最高の楽器に磨き上げ、自然な発声で心ゆたかに歌おう

「声楽」では、自然な発声に基づいて知的でのびやかに歌えるよう、無駄な力や欠点を取り除きながら、一人ひとりの能力と個性を生かす指導をモットーにしています。
レッスンでは身体、声、頭脳に磨きをかけて豊かな表現力を育むとともに、歌劇や歌曲のテキストを深く理解し表現できるよう訓練を重ねていきます。
将来、日本はもとより世界の音楽界や音楽教育界の柱となって活躍できる人材の育成を目標とします。
また、技術の習得はもちろんのこと、オペラや歌曲の原語ならびにその土地の文化に対する理解も不可欠です。そこで伊、独、仏、各国語の特別授業も組んでいます。
3、4年次では自由選択の「オペラ実習」「歌曲・重唱〈ドイツ歌曲〉〈フランス歌曲〉」等も用意しています。なお毎年、「声楽演奏家コース」に編入するためのオーディションを受けることができます。


ディプロマ・ポリシー

このページの先頭へ