学生からのメッセージ

応用音楽教育コース

専攻実技とソルフェージュの両方を、総合的に学習します。(中学3年生まで)

一般授業料
※ 授業料は前期・後期で分納となります。
※ 演奏会への出演は、学外または学内のどちらかとなります。学外への出演は、前年度後期の実技試験で優秀な成績を収めていることが条件となります。
※ 実技レッスン及びソルフェージュ授業の回数は年間32回を基準としています。(ただし祝日等の関係で32回未満となる場合もあります。)

専攻実技レッスン

専攻にもとづき、それぞれ担当する専門の教員が個人レッスンを行います。担当教員との打合せにより週1回のレッスン日を決めていますが、通常は、土曜日に実施しています。

 

副科レッスン

専攻実技とは別に、他の楽器のレッスンを受けることができます。(声楽・作曲を含む)

 

ソルフェージュの授業

1.授業内容         ソルフェージュ(聴音、視唱など)、理論
2.クラス編成     試験の結果により、年齢別および能力別に編成します。(1クラス3〜6名程度)
3.授業時間        毎週土曜日午前10時より午後6時に行います。
                          ※授業時間は都合により一部変更される場合もあります。

 

学内定期試験

授業、レッスンの成果を判定するため、各種の試験が行われています。

・ソルフェージュ
          年1回、聴音の試験および視唱等の試験があります。
・実技試験
          年2回、前期実技試験、後期実技試験があります。
          (ピアノ専攻は、そのほかに年2回のハノン試験を受験することができます。)

これらの試験を通じて、担当教員は生徒達の進歩を的確に把握して、各自の担当している生徒の指導に役立てています。

 

演奏会

勉強の成果を発表するため、年に2回の演奏会を実施しています。演奏会は一般の方にも公開しています。

 

このページの先頭へ