検索

よく検索される項目

2020.10.20

よくある質問MMC

Q. 専攻課題の面接時に提出する映像と、自作曲の評価で提出する映像または音源は、同じ曲を含んでもよいでしょうか?

 

あくまで「自作曲の評価」は、楽曲そのものの評価です。その楽曲が映像作品に含まれていても構いません。ですが、映像の提出はアピールのひとつの方法ですので、任意(提出が必須ではない)となっています。

 


 

Q. 伴奏付けについてですが、1時間譜面作成を行った後すぐ演奏をするのですか?また演奏の際は楽譜を見て弾きますか?

 

譜面作成を実施した日とは別日(面接時)の演奏になります。またご自身の答案用紙を見ての演奏となります。

 


 

Q. 和声課題の出題レベルと有しておくべき特別な音楽能力の具体例を教えてください。

 

和声課題の出題の目安は、「和声 理論と実習(音楽之友社)」の「第3巻 第5章 構成音の転位(2)」程度となります。

 


 

Q. ピアノはどのくらいのレベルまで弾けるといいですか?

 

特に基準は設けていませんが、「ソナチネ アルバム」が弾ける程度のスキルは必要であるとお考え下さい。作曲や打ち込みを行うにあたり、必要となります。

 


 

Q. コースが統合されることによって勉強する環境が変わることはありますか?

 

MMC(ミュージック・メディアコース)としてカリキュラムは一新されますが、従来のものを踏襲しつつ、時代や現在のミュージックシーンに合わせたものとなります。
 


 

Q. どのようなことを学んでいるのでしょうか?

 

商業音楽全般の作編曲、打ち込みやミックス、音楽ビジネスについても学びます。

 


 

Q. 入試科目が昨年までのものから変更され、和声、伴奏付け、自作曲提出のみになりましたが、それはより多くの志願者に科目数を減らして受けやすくさせている、などの意図はあるのでしょうか?

 

新型コロナウイルス感染症対策による措置となります。来年度以降は状況によって入試形態が変更される可能性はあります。

 


 

Q. 試験が取り止めになったピアノ演奏や楽典、ソルフェージュなどの基礎的能力は、今回実施される3科目の実力を見て基礎的能力も図ることができるということなのでしょうか?

 

取り止めた基礎科目の能力を完全に判断できるとは思いませんが、楽譜の書き方によって「楽典的な知識」を、自作曲によって「音を聴く能力」を、伴奏付けによって「読譜力」と「ピアノ演奏のスキル」を見ることはできます。

 


 

Q. 加えて、通常小論文などで聞かれていたような自分自身に関してや、これからの社会で音楽が与える影響などを面接で口頭試問として聞かれ重視されるということはあるのでしょうか?

 

小論文の内容を、口頭試問として論じていただくことはありませんが、面接の会話の中でお尋ねすることはあります。面接の内容としては評価の対象となります。

 


 

Q. 過去のソングライティングコースとの違いはどういったところですか?

 

ソングライティングコースは、Jポップなどの「歌もの」に特化した作曲を学ぶコースです。MMCは、それも含めた商業音楽全般の作曲や編曲を学びます。