検索

よく検索される項目

2021.11.08

【11月8日追記】2022年度授業実施方法について

【11月8日追記】2022年度授業実施方法等について

 
学生および教職員の皆さまへ
 

2022年度授業実施方法等について、2021年10月26日に学内者向け通知・連絡およびホームページに掲載したところ、複数の意見が寄せられました。
ワクチン接種は本人の判断で行うものであり、本方針は学生・教職員の皆さまにワクチン接種を強制するものではありません。
学内調査の結果、多くの学生・教職員がワクチン接種を済ませていることが判明していますが、2022年度授業を原則対面で実施するために、また演奏会のほか学内外の活動を支障なく行うためにも、なるべく多くの方に接種をしていただきたいと考えています。
学生・教職員の皆さまの、ワクチン接種へのご理解、ご協力をよろしくお願いします。

 

なお、ワクチン接種が体質的な理由など特別な事情により接種が不可能という学生・教職員については、プライバシーに配慮しつつ、個別に対応する予定です。また抗原検査対応等については、今後の感染動向を注視しつつ、文部科学省・厚生労働省・産業医等関係部門の指導のもと再検討します。
いずれも詳細を後日お知らせいたします 。

 

2021年11月8日
東京音楽大学 理事長 丸山 恵一郎
東京音楽大学 学長 野島 稔

 
本件に関する問い合わせ先
学務部学生支援課(03-6455-2756)
学務部教務課(03-6455-2750)


2022年度授業実施方法について

 
 

2022年度授業実施方法については、下記のとおりとします。
なお、今後のコロナ感染状況により、見直しを行う場合もあります。

 
 

1.原則として、以下の措置を講じつつ、全ての授業を対面で実施する。
①基本的な感染防止対策(不織布マスク着用、体温測定、手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保等)を徹底する。
②学生・教職員に対し、継続的にワクチン接種を強く推奨し続ける。
③ワクチン接種が体質的な理由など特別な事情により接種が不可能という学生・教職員については、個別に対応する。
 その他の理由による未接種の学生・教職員については、入構時(週2回程度)の抗原検査陰性証明提出を求める(検査キットは大学が手配するが、費用は自己負担とする)。

 

2.教育的に必要と認められる授業科目、あるいは履修希望者が多い授業科目は、遠隔で行う場合がある。

 

3.感染防止対策の観点から、各教室ごとに定員数(最大履修者数)を定める。

 
 

2021年10月26日
東京音楽大学 学務部教務課

 

本件に関する問い合わせ先
学務部教務課(03-6455-2750)