検索

よく検索される項目

ピアノ演奏家コース特別特待奨学生

演奏家としての更なるレパートリーの拡充と研鑽

卓越した才能に恵まれ、すでに十分な音楽歴を有し、顕著な演奏活動を開始している学生を対象としています。入試では実技試験の前に書類選考を行います。
※旧ピアノ演奏家コース・エクセレンス、2019年度より他専攻の特別特待奨学生と統一

●定期実技試験は60分程度のリサイタルプログラムが課され、常に公開で行われます。
●定期実技試験以外に用意されている演奏会は、ピアノ演奏家コースに準じます。
●希望により3名までの担当教員のレッスンが可能です。
●特別奨学金が支給され学内外での更なる活躍が期待されます。

卒業に必要な単位数(2019年度入学生)

専攻(コース) 教養科目 外国語科目 必修科目 選択必修 選択科目
器楽(ピアノ)/ ピアノ演奏家 特別特待奨学生 12 12 54 - 46 124
専攻(コース) 器楽(ピアノ)/ ピアノ演奏家 特別特待奨学生
教養科目 12
外国語科目 12
必修科目 54
選択必修 -
選択科目 46
124
成績評価について
GPA制度について

ディプロマポリシー

演奏家として国際的に活躍できる演奏能力とコミュニケーション能力を有し、協奏曲を含む充実したレパートリーを獲得していること。

カリキュラムポリシー

  • ピアノ演奏家コースの中でも、特に才能があり、卓越した演奏能力を有する学生は、ピアノ演奏家コース・エクセレンスとして大学で支援していきます。
  • 特別奨学金が授与され、担当教員以外の教員からも自由にレッスンを受けることができます。原則としてレッスンは90分で行い、定期実技試験は自由なプログラムによる60分の演奏が課されます。

アドミッションポリシー

価値ある演奏を社会に向けて発信し、国際的に活躍する場を獲得していこうとする意欲、また音楽芸術の発展に寄与しようという姿勢を持つ人材を求めます。ピアノ演奏家コースのアドミッション・ポリシーに加え、すでに一定水準以上のレパートリーを獲得し、演奏実績を有していることが必要です。

カリキュラムツリー