検索

よく検索される項目

作曲「芸術音楽コース」

今日に至る「芸術音楽」の推移を歴史的かつ体系的に学び、
未来に向けての「作曲」の可能性を実践的に探求する。

本コースにいう芸術音楽とはクラシック音楽を指します。数百年にわたって磨かれつつ受け継がれてきた「様式」を保持している音楽ジャンルです。管弦楽、室内楽、オペラ、バレエ、歌曲等がそのジャンルに含まれ、さらに20世紀後半以降はテクノロジーを活用したコンピューター音楽やマルチメディア作品もその系譜に加わりました。
本コースでは現代の芸術音楽、すなわち「コンテンポラリー・クラシック」における今日から未来に向けての作曲の可能性を、技法的、思念的に学び、自らの価値観を育みつつ実践的に探求することを目指します。まずは音楽とニュートラルに向き合い、作曲理論・技法の展開進化を古典から現代まで総括的に認識することから始めましょう。クラシック音楽は多くの識者が言うように、人類の文化的至宝です。それを学び、探求することは皆さんの内面の世界を豊かにするとともに、人生の大きな歓びの発見にもつながるでしょう。

専門サイトへ移動

作曲の理論や技法を、個人レッスンや少人数のゼミで、第一線で活躍中の教員と親しく語らいつつ深く学ぶ。教員は広い視野で、学生諸氏の個性を育み、希望にそった創作活動をうながす。

個人レッスンでは、学生諸氏が毎年度ごとに、学びたい教員を指名することが出来ます。さらに3年次からは2名の教員を指名してのダブルレッスンを選択することも可能です。本学の教員はそれぞれに専門性も高く、「映画・放送音楽コース」兼任の教員も含め、様々な作曲分野や価値観に対応できる陣容となっています。必須科目の「作曲理論」では、1年次と2年次に、管弦楽法の学習を重視し、楽器個々の特性を高度に示すとともに、近代から現代の管弦楽用法、さらには前衛的な書法に至るまでを指導します。また吹奏楽や先端的なコンピューター音楽の理論的かつ実践的な指導者陣も充実しています。一から始めて、プロフェッショナルに至る大きな飛躍を達成していただくというのが本コースの目標です。学内での学生諸氏の交流は学年を超え専攻の枠を超えて明るく豊かで、作曲作品の自主的な演奏発表も盛んに行われています。本学で沢山の友人仲間を作り、自らの未来に向けての充実した日々を楽しみつつ感動の時を過ごしてください。

卒業に必要な単位数(2019年度入学生)

専攻(コース) 教養科目 外国語科目 必修科目 選択必修 選択科目
作曲指揮 / 芸術音楽 16 12 66 - 30 124
専攻(コース) 作曲指揮 / 芸術音楽
教養科目 16
外国語科目 12
必修科目 66
選択必修 -
選択科目 30
124
成績評価について
GPA制度について

ディプロマポリシー

大学の使命・目的の項で述べたように、アカデミズムと実学の精神を両立させることによって、個の確立、協調性、社会性、国際性を獲得し、広く社会に貢献することのできる人材を世に送り出します。

社会において音楽家として活動するためには、以下の3つの自立を果たすことが必要です。
・自ら演奏や作品を組み立てることができる。
・自ら音楽における教育の工夫ができる。
・自ら音楽活動をする場を作り出すことができる。

これらの自立を実現するためには、以下のことを修得する必要があります。

A.様式に則した演奏能力や創作能力を身に付けていること。
B.音楽の理論や歴史、体系を理解していること。
C.専門領域に留まらない教養を身に付け、演奏家、教育者を始め、様々な音楽分野で活躍できる力を持っていること。
D.複数の外国語の基本を身に付けていること。
E.社会における音楽の役割について考察し、活動できること。
F.上記の学習した事柄を総合して、専攻した音楽の分野を的確に表現できること。

以上の能力を身に付け、所定の単位を修得した者に対して、卒業を認定し、学士の学位を授与します。

学位授与の基準事項は次の通りです。


現代の作曲家に求められる専門知識と作曲技術を身に付け、独創的な芸術作品が作り出せること。
情報化社会で通用する高度なコミュニケーション能力を携え、コンピューターを始めとする最新のツールを駆使することができること。
創造人として自立できる個性を持ち、音楽やその他の様々な芸術分野で活動できる人材であること。

カリキュラムツリー/ポリシー

個人レッスンを核とする専攻科目を中心に、専門基礎科目・専門共通科目で音楽的能力の基礎を固めるとともにその幅を拡げ、さらに、基礎教育科目で国際人としての広い教養を身に付けることにより、音楽を土台として現代社会の様々な局面に対応しうる人材を育成することを目標とします。
1.専攻科目: 質の高い専門教育を実施し、高度な能力を持つ音楽人を養成します。その実現にあたっては、全専攻での一流の教員による個人レッスンとともに、多くの専攻でアンサンブル教育の充実に力を入れています。
2.専門基礎科目: 音楽を専門的に学ぶための基礎を固めます。
3.専門共通科目: 専攻の枠を超えた音楽的素養を身に付け、その幅を拡げます。
4.基礎教育科目: 音楽家として、社会人としての豊かな教養を培います。
これらに加え、学生の興味・関心に合わせて、教職課程科目・特別実技科目などの多彩なプログラムも提供しています。また、成績優秀者には、大学が主催する各種演奏会への出演の機会が与えられます。さらに、海外の大学等と交流協定を結んでおり、選抜された学生には短期留学の機会が与えられます。

カリキュラム・ポリシーは次の通りです。

カリキュラムの目的

  • 古典から現代に至る作曲技法を学びます。
  • 学年毎に様々な編成の楽曲を創作することで、確実な創作能力の向上を図ります。
  • 自作品の演奏体験の機会を持つことで、演奏家との関係を学び、社会性を身に付けながら、将来に向けて豊かな人間性を育みます。
  • 現代の多様なジャンルの音楽に対応できる創作力を育みます。
  • 以上を重点に、作曲家、また音楽を生かして自立できる人材の育成を目指します。

 

 

カリキュラムの構成

  • 週1回の個人レッスンは、学生が担当教員を毎年度自由に選択できるシステムになっています。3、4年次においては、学生の希望により、複数の教員による定期レッスンを受けることができます。
  • 定期レッスンだけでなく、志向する音楽のジャンルにより、他の教員のレッスンも自由に受けることができる環境が整っています。
  • 作曲能力の向上に加えて、より一層の個性の伸長を図るため、日本及びアジアを始めとする世界の諸民族の伝統的な音楽・文化への関心を持ち、創作に関わる様々な分野にも視野を広げるような指導が行われています。
  • 1年次は管弦楽法、対位法を通して古典から近代までの基礎的な作曲能力を獲得し、2年次は管弦楽法により20世紀以降の作曲技法と作品の分析能力を高めます。
  • 3年次にはコンピューター音楽やマルチメディア演習をとおして、テクノロジーを活用した作曲能力を修得できます。また、より幅広いジャンルの作・編曲技術を修得するために吹奏楽法を開講しています。
  • 4年次には総合的な作曲技法(管弦楽、声楽作品を含む)の修得を目指します。
  • 海外招聘音楽家の公開講座により、国際的な視野を得る機会も準備されています。

アドミッションポリシー

東京音楽大学では、入学者が本学において実りある学びを円滑に行えるように、アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を定めています。これは、本学を受験する皆さんに、入学前に身に付けておいていただきたい能力や姿勢を示す基本方針です。本学の入学試験や選抜方法には、アドミッション・ポリシーが反映されています。

・大学において専門的に音楽を学ぶにあたり、楽譜を読む力、音を聴く力、表現の基礎となるテクニック、様式を捉える力、楽典の知識が、一定のレベルに達していることが重要です。
・音楽の学習には外国語も必要です。
・専攻によっては、ピアノ演奏や新曲視唱、新曲視奏の基礎的な能力も必要です。

アドミッション・ポリシーは次の通りです。


様々な芸術に対して興味を持ち、将来的に個性ある発信ができる人材を求めます。和声学の知識、及び楽曲制作のための技術と様式感を備えていることが必要です。