検索

よく検索される項目

声楽専攻

声楽は一生涯の財産です

〈声楽を学ぶ〉とは、人間の生身の声が持っている可能性に真正面から取り組む大きな挑戦です。私たちは〈声〉により、「言葉(歌詞)」に込められた心情や心理などの微妙なニュアンスを伝え、「間合い」や「呼吸」と共に、人間の喜怒哀楽のドラマ、詩情、世界観を表現していきます。その〈声〉を得るために、正しく美しい発声を一生かけて学び、繊細で情感溢れるピアニッシモから、ホールの隅々に響きわたる力強いフォルテの音色にいたるまで、育て磨いていきます。声楽はこうして奥深く、それだけに手間も時間もかかります。
しかし、学生時代から真摯に自分の声と作品に向き合い、試行錯誤を重ねていくうちに声も感性も育っていき、やがて、仲間たちやお客様と深い喜びと感動を分かち合う瞬間を迎え始めます。

本学声楽専攻では〈声楽は一生涯の財産〉と、とらえています。声の表現力は、研鑽によって日々変化しつづけ、生涯の様々な経験を通して深みを増していくのです。
これまでに多くの卒業生がオペラ、コンサート歌手を始め、ミュージカル歌手、放送局うたのおねえさん、学校教員、音楽教室講師、合唱指導者、ヴォイストレーナー、語学教師、声優、スタジオマネージャー、舞台制作、地域の親善大使など、本学で学んだ多くの経験を生かし各方面で活躍しています。一人の人間として、コミュニティにおける生活者として、社会人として、多彩な活動を繰り広げています。

独自なカリキュラムで、声と表現力を育てよう

本学声楽専攻では、四年間を通し一年ごとの積み重ねを大切にした[独自なカリキュラム]を編成しています。◎一年次では、全員が[声楽芸術]に所属します。一年間を通し〈入門講座〉で声楽と舞台表現の基礎を学びます。その内容は、オペラ、歌曲、ミュージカルなどの表現法のほか、バレエ、詩の解釈と朗読、身体表現など、これから先に修得していく事柄を、初歩から丁寧に体験していきます。◎2年次は、[声楽芸術コース]に所属します。ドイツ歌曲、フランス歌曲やオペラなどのアンサンブルを学ぶ授業が始まり、声楽教員、演出教員により、具体的な表現法を学びます。また、選抜された一部の学生は[特別演奏家コース]で、更に高度で専門的な内容を学ぶことができます。◎3年次、4年次では、アンサンブル曲や歌曲を更に深く学びます。〈オペラ実習〉では、指揮、コレペティ(指導ピアニスト)、発音指導などの教員が新たに加わります。合わせて、将来に繋がる主体性、柔軟性、コミュニケーション能力の大切さも学んでいきます。

以上のように、本学声楽専攻では、四年間に様々な教員から多角的な指導を受けることが可能であり、体系的に声楽表現の基礎が修得できるよう、カリキュラムが構成されています。同時に〈常識にとらわれない思考力〉〈柔軟な発想力〉、常に持ち続ける〈チャレンジ精神〉など、これからの表現者に求められる資質の大切さも学んでいきます。
教員一同、学生一人一人の取り組みを全力でサポートします。
さあ、あなた自身の歌を、音楽を育てましょう!

卒業に必要な単位数(2019年度入学生)

専攻(コース) 教養科目 外国語科目 必修科目 選択必修 選択科目
声楽専攻 12 20 68 - 24 124
専攻(コース) 声楽専攻
教養科目 12
外国語科目 20
必修科目 68
選択必修 -
選択科目 24
124
成績評価について
GPA制度について

ディプロマポリシー

大学の使命・目的の項で述べたように、アカデミズムと実学の精神を両立させることによって、個の確立、協調性、社会性、国際性を獲得し、広く社会に貢献することのできる人材を世に送り出します。

社会において音楽家として活動するためには、以下の3つの自立を果たすことが必要です。
・自ら演奏や作品を組み立てることができる。
・自ら音楽における教育の工夫ができる。
・自ら音楽活動をする場を作り出すことができる。

これらの自立を実現するためには、以下のことを修得する必要があります。

A.様式に則した演奏能力や創作能力を身に付けていること。
B.音楽の理論や歴史、体系を理解していること。
C.専門領域に留まらない教養を身に付け、演奏家、教育者を始め、様々な音楽分野で活躍できる力を持っていること。
D.複数の外国語の基本を身に付けていること。
E.社会における音楽の役割について考察し、活動できること。
F.上記の学習した事柄を総合して、専攻した音楽の分野を的確に表現できること。

以上の能力を身に付け、所定の単位を修得した者に対して、卒業を認定し、学士の学位を授与します。

学位授与の基準事項は次の通りです。


●声楽
「声」についての専門技術を体系的に修得し、高い音楽性と表現力により各自の特性を活かしたレパートリーを持っていること。多くの人に共感を持って受け入れられる演奏を目指せる者であること。また、他者と共に活動できる協調性や社会性を併せ持つ、人間性豊かな者であること。

●声楽演奏家コース
上記声楽専攻(声楽)の要件に加え、より高度な専門技術と豊かな表現力、音楽性を身に付け、国際的にも活躍できる充実したレパートリーを有していると判断されること。

●声楽芸術コース/声楽特別演奏家コース
「声」についての専門技術を体系的に修得し、高い音楽性と表現力により各自の特性を活かしたレパートリーを持っていること。多くの人に共感を持って受け入れられる演奏を目指せる者であること。また、他者と共に活動できる協調性や社会性を併せ持つ、人間性豊かな者であること。

カリキュラムツリー/ポリシー

個人レッスンを核とする専攻科目を中心に、専門基礎科目・専門共通科目で音楽的能力の基礎を固めるとともにその幅を拡げ、さらに、基礎教育科目で国際人としての広い教養を身に付けることにより、音楽を土台として現代社会の様々な局面に対応しうる人材を育成することを目標とします。
1.専攻科目: 質の高い専門教育を実施し、高度な能力を持つ音楽人を養成します。その実現にあたっては、全専攻での一流の教員による個人レッスンとともに、多くの専攻でアンサンブル教育の充実に力を入れています。
2.専門基礎科目: 音楽を専門的に学ぶための基礎を固めます。
3.専門共通科目: 専攻の枠を超えた音楽的素養を身に付け、その幅を拡げます。
4.基礎教育科目: 音楽家として、社会人としての豊かな教養を培います。
これらに加え、学生の興味・関心に合わせて、教職課程科目・特別実技科目などの多彩なプログラムも提供しています。また、成績優秀者には、大学が主催する各種演奏会への出演の機会が与えられます。さらに、海外の大学等と交流協定を結んでおり、選抜された学生には短期留学の機会が与えられます。

カリキュラム・ポリシーは次の通りです。

 

 

●声楽

カリキュラムの目的

    • 世界でたった1つの自分の声を「楽器」として育てあげるために、基礎的な発声法などを学びます。
    • 数々の作品を手掛けることで、高い音楽性や表現力を養います。
    • 他者と協調して1つの目標に向かう経験を通じて、社会性も身に付けながら、豊かな人間性を育みます。

上記を通して、様々な音楽分野で活躍できる人材の育成を目指します。

 

カリキュラムの構成

  • 週1回の個人レッスンでは、より良い発声と発音を核とする基礎的な専門技術と知識を体系的に修得します。また楽曲の内容を深く理解し表現できるよう、一人ひとりの個性を尊重しながら才能を伸ばす指導が行われています。
  • 2、3年次には日本歌曲を演奏する場が設けられています。
  • 3、4年次では選択科目に「オペラ実習」「歌曲・重唱」の授業が用意され、学生各自の声の特質と特性に合わせた選択ができるように配慮されています。
  • 合唱は4年間必修で、個人では得られないアンサンブル能力や協調性などを身に付けます。学外のオーケストラとの共演では、より大きな編成の演奏も体験します。
  • 国内外招聘音楽家等の公開レッスンや個人レッスン、公開講座等の実施により多角的に学ぶ機会も準備されています。
  • 外国語科目は声楽を学ぶ上で重要であり、他専攻よりも多く履修することが必要です。また、その国の文化についての理解を深めるための特別授業も編成されています。
  • 定期実技試験の成績とオーディションにより、希望者には声楽演奏家コースへの転籍制度も設けられています。

 

 

●声楽演奏家コース

カリキュラムの目的

    • 声楽専攻(声楽)のカリキュラムを基礎として、国際的にも活躍できる実力を持った音楽家の育成を目指します。

 

カリキュラムの構成

      • 週2回の個人レッスン(2人の教員が担当する場合もある)を通して、より高度な技術と豊かな表現力を身に付けます。
      • 「舞台基礎演技法(オペラ)」では、声楽家、指揮者、演出家などが参加する経験豊かな指導陣によって、実践的な授業が展開されます。その研究成果を発表する場が設けられている他、身体表現、バレエ、ディクション(発音指導)なども学ぶ機会があります。
      • 「舞台基礎演技法(歌曲)」では、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、ロシア歌曲を専門的に学ぶことができます。
      • 定期実技試験で基準点に達しなかった場合は、声楽専攻(声楽)へ転籍となります。

●声楽芸術コース/声楽特別演奏家コース(2年次より)

カリキュラムの目的

      • 世界でたった1つの自分の声を「楽器」として育て上げるために、基礎的な発声法などを学びます。
      • 数々の作品を手掛けることで、高い音楽性や表現力を養います。
      • 他者と強調して1つの目標に向かう経験を通じて、社会性も身に付けながら、豊かな人間性を育みます。

上記を通して、様々な音楽分野で活躍できる人材の育成を目指します。

カリキュラムの構成

    • 週1回の個人レッスンでは、より良い発声と発音を核とする基礎的な専門技術と知識を体型的に修得します。また、楽曲の内容を深く理解し表現できるよう、一人ひとりの個性を尊重しながら才能を伸ばす指導が行われています。
    • 1年次の「舞台基礎入門」の授業では、演習を通して2年次以降の様々な授業につながる舞台演奏表現の概要を学びます。
    • 3年次には日本歌曲を演奏する場が設けられています。
    • 2、3、4年次では選択科目に「オペラ実習」や「歌曲
    • 重唱」(独、仏)の授業が用意され、学生各自の声の特性に合わせた選択ができるように配慮されています。
    • 合唱は4年間必修で、個人では得られないアンサンブル能力や協調性などを身に付けます。学外のオーケストラとの共演では、より大きな編成の演奏も体験します。
    • 国内外招聘音楽家等の公開レッスンや個人レッスン、公開講座等の実施により多角的に学ぶ機会も準備されています。
    • 外国語科目は声楽を学ぶ上で重要であり、他専攻よりも多く履修することが必要です。また、その国の文化についての理解を深めるための特別授業も編成されています。
    • 定期実技試験で優れた成績を修めた場合は、声楽特別演奏家コースとして、「特別実習」を履修することができます。
    • 「特別実習(声楽特別演奏家コースのみ)」では、声楽家、指揮者、演出家などが参加する経験豊かな指導陣によって、実践的な授業が展開されます。オペラのみならず、舞台での表現に必要な様々な要素を学ぶ機会があり、その研究結果を発表する場が設けられています。

アドミッションポリシー

東京音楽大学では、入学者が本学において実りある学びを円滑に行えるように、アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を定めています。これは、本学を受験する皆さんに、入学前に身に付けておいていただきたい能力や姿勢を示す基本方針です。本学の入学試験や選抜方法には、アドミッション・ポリシーが反映されています。

・大学において専門的に音楽を学ぶにあたり、楽譜を読む力、音を聴く力、表現の基礎となるテクニック、様式を捉える力、楽典の知識が、一定のレベルに達していることが重要です。
・音楽の学習には外国語も必要です。
・専攻によっては、ピアノ演奏や新曲視唱、新曲視奏の基礎的な能力も必要です。

アドミッション・ポリシーは次の通りです。


●声楽
音楽~歌~を愛し、演奏家、教育者などを目指して学ぶための資質を有し、熱意を持って努力し続けることのできる人材を求めます。声を楽器として創り上げるために、基礎的な歌唱力、語学力が必要です。また、周囲との協調性や社会性も身に付け、豊かな人間性を育むために、広い視野を持って学ぶ姿勢が望まれます。

●声楽演奏家コース
声楽専攻(声楽)のアドミッション・ポリシーに加えて、国際的にも活躍できる実力を持った音楽家の育成を目指すという観点から、その学習のためのより高い資質、より強い意欲が必要です。

●声楽芸術
音楽~歌~を愛し、演奏家、教育者などを目指して学ぶための資質を有し、熱意を持って努力し続けることのできる人材を求めます。また国際的にも活躍できる実力を持った音楽家の育成を目指すという観点から、その学習のためのより高い資質、より強い意欲が必要です。声を楽器として創り上げるために、基礎的な歌唱力、語学力が必要です。また、周囲との協調性や社会性も身に付け、豊かな人間性を育むために、広い視野を持って学ぶ姿勢が望まれます。