検索

よく検索される項目

作曲指揮専攻

    作曲研究領域

    作曲研究領域では、自らの個性的な創作の基盤、ないしは起点となるべき課題を定め、自主性をもって能動的な研究活動、研究発表を行い、総合的な作曲能力の向上を目指します。
    様々なジャンルに対応できる教員陣による実践的なゼミ形式の授業、個人レッスンを行っています。個人レッスン担当の教員を毎年自由に選択できるシステムがあるのも本学の特徴です。
    作曲研究領域は2018 年度より、従来の現代音楽中心の「芸術研究」と、各種メディアに対応した実践的な「応用研究」に分かれています。
    「芸術研究」では、外国の演奏団体や教育機関などとの交流や研修の機会を通じて、社会性や国際性を育み、より幅広い作品発表の場を得ることで、自己のさらなる可能性を発見できると思います。
    一方、「応用研究」では、社会の多様なニーズに即戦力として対応し得る、人材の育成を目指しています。

    指揮研究領域

    大学院では、高度で機能的な指揮の技法や音楽に関する幅広い知識を学ぶだけではなく、総合的な人間力を高めることが求められます。指揮者の存在意義とは何かを問い直し、自己を見つめ、指揮者として自らに本当に必要なことは何かを追究していく力とともに、高い見識と教養を身につけ、多様な人々と豊かな関係を築いていくことを重視します。 大学院を修了した後、指揮者として幅広く活躍する人材になることを期待します。

    アドミッションポリシー

    音楽の専門的な研究に必要な基盤を備え、高度な技術、知見、研究能力を持ち、かつ社会の現況と今後の動静に対応できる柔軟な資質と強い意欲を持つ人材を求めます。

    ディプロマポリシー

    大学院修士課程においては所定の単位を修得し、かつ以下に示す能力を身に付け、学位審査試験に合格した者に、修士(音楽)の学位を授与します。なお、学位審査試験は修士演奏・修士作品あるいは修士論文(一部専攻においてはこれらの組み合わせ)及び最終試験によって行います。

    1. 高度な専門的知識・技能と研究能力を身に付け、自立的で質の高い音楽活動を展開できること。
    2. 旺盛な国際感覚を持ち、多様な音楽的価値観を尊重できること。
    3. 現代社会における音楽芸術のあり方について考察し、音楽による社会貢献ができること。

    カリキュラムポリシー

    作曲

    • 自らの個性的な創作の基盤ないしは起点となるべき課題を定め、自主性をもって能動的な研究活動、研究発表を行うことにより、総合的な作曲能力の向上を目指します。
    • 最先端情報処理技術を探求し、進化し続けるマルチメディア環境を学び、その実践に取り組みます。
    • 2年次には修士作品を作成します。

    指揮

    • 指揮者というものの存在意義を再認識し、高度かつ機能的な技法を学び、深い知識や教養の獲得を目指します。
    • 指揮者として自分を見つめ、自分に必要なことを自ら判断する能力を身につけます。
    • 指揮の技法・音楽的な知識・教養はもとより、広く人間同士のつながりが大切であることを学びます。
    • 2年次には修士演奏としてオーケストラを指揮します。