検索

よく検索される項目

声楽専攻

    オペラ研究領域 独唱研究領域

    大学院音楽研究科声楽専攻は「独唱研究領域」と「オペラ研究領域」に分かれています。

    オペラ研究領域

    「オペラ研究領域」は少人数選抜による集中的なカリキュラムにより、オペラを学ぶために最適な環境を用意しています。最大の特色は2年時に履修する「オペラ総合実習」です。学生各自がオペラの演目を選択し、一部抜粋したプログラムを構成し、上演します。個々の学生にそれぞれ指揮者、演出家、声楽家、コレペティトゥアから構成される本学教員がつき、演技および音楽に関して手厚い指導を受けることができます。

    年度の最初にキャスティングオーディションを実施しますが(募集は毎年とは限りません)、どちらの領域の学生も履修可能な、ヨーロッパや日本のオペラ作品を研究、演習を行い、試演会としての舞台を踏む授業(オペラ特殊研究)もあります。このように、大学院音楽研究科声楽専攻では、それぞれの学生の音楽性や興味・関心に合わせ、様々な方向性で学ぶ道を用意し、高い学習意欲を持つ学生の希望に応えられるものとなっています。

    独唱研究領域

    「独唱研究領域」の学生は、個々人の音楽性や声にあった歌曲や宗教曲などをより腰を据えて探求することが可能です。個人レッスンのほか、各国の歌曲を専門とする担当教員による授業を受けられ、修士演奏では自らが選定したプログラムにより研鑽の成果を示します。

    アドミッションポリシー

    音楽の専門的な研究に必要な基盤を備え、高度な技術、知見、研究能力を持ち、かつ社会の現況と今後の動静に対応できる柔軟な資質と強い意欲を持つ人材を求めます。

    ディプロマポリシー

    大学院修士課程においては所定の単位を修得し、かつ以下に示す能力を身に付け、学位審査試験に合格した者に、修士(音楽)の学位を授与します。なお、学位審査試験は修士演奏・修士作品あるいは修士論文(一部専攻においてはこれらの組み合わせ)及び最終試験によって行います。

    1. 高度な専門的知識・技能と研究能力を身に付け、自立的で質の高い音楽活動を展開できること。
    2. 旺盛な国際感覚を持ち、多様な音楽的価値観を尊重できること。
    3. 現代社会における音楽芸術のあり方について考察し、音楽による社会貢献ができること。

    カリキュラムポリシー

    • 学部で習得した演奏能力を発展させ、レパートリーを拡充します。
    • 時代や地域、演奏形態、ジャンル等の様々な要素を総合的にとらえた高度な作品解釈力、アンサンブル能力の獲得を目指します。
    • 声楽にとって必要な外国語の能力を獲得し、日本語も含めた正しい発音、発声法、歌唱法に基づく芸術的な表現と言語能力を獲得します。
    • オペラ研究領域では、朗読、立ち居振る舞い、パントマイム、バレエ等の身体表現を学び、舞台での実践力を修得します。
    • 学生それぞれが目指す将来の職業(演奏家や指導者など)に対応する能力が身につくようにします。
    • 2年次には修士演奏を行います。