検索

よく検索される項目

博士学位授与名簿

東京音楽大学博士学位授与名簿一覧は、下表のとおりです。博士学位論文及び審査結果の要旨等は、 東京音楽大学リポジトリで公表しています。
また、本学では博士課程委員会において、博士課程を修了した者で、学業成績が極めて優秀で、顕著な研究成果を挙げた者に対し選考の上、「博士課程委員会優秀賞」を授与することとしています。

課程博士

学位記番号 学位の種類 氏名 論文題目 学位授与日 博士課程委員会
優秀賞受賞者
博第1号 博士
(音楽)
石岡千弘 セルゲイ・ボルトキエヴィチ研究――自筆資料に基づく生涯・音楽観・ピアノ作品の考察――
The Comprehensive Study of Sergei Bortkiewicz ―An analysis of his life, view of music, and piano works based on his autographs ―
平成
29.3.18
優秀賞
博第2号 博士
(音楽)
鈴木亜矢子 山田耕筰・別宮貞雄・團伊玖磨の日本歌曲 ――アクセント理論を起点とした分析的研究――
Japanese songs by Kosçak Yamada, Sadao Bekku and Ikuma Dan: An analytic study based on the accent theory
平成
29.3.18
博第3号 博士
(音楽)
Chong
Huey Ching
The Discovery of Body ―― A New Concept of Musical Notation in the Works of Kurtag, Ferneyhough, and Harada――
身体の発見 ――クルターグ、ファーニホウ、原田の作品における 新たな記譜概念――
平成
29.10.23
博第4号 博士
(音楽学)
河内春香 モダンダンス作品≪日本の太鼓≫「鹿踊り」 ――舞踊と音楽の分析的研究――モダンダンス作品≪日本の太鼓≫「鹿踊り」 ――舞踊と音楽の分析的研究――
The modern dance work "The Drumming of Japan, Shishi-Odori" ――An analytical study of dance and music――
平成
29.10.23
博第5号 博士
(音楽)
松島奈穂 ローベルト・シューマンにおける変則的な記譜 ――1840年以前のピアノ独奏曲の研究――
Robert Schumann's anomalous notation ――a study of his piano solo works before 1840――
平成
30.3.10
博第6号 博士
(音楽)
関口純明 19世紀前半におけるテノールの音楽的変遷に対する装飾的技巧性の面からの一考察 ――ジョアキーノ・ロッシーニとそれに続く作曲家たちに焦点を当てて――
Analysis of early 19th-century tenor roles' transitions in ornamentation and technique ――Rossini and his successors――
平成
30.3.10
博第7号 博士
(音楽)
田代櫻 チェロ奏法におけるデュポールの奏法試論の重要性について
The Importance of the Essai of Duport on Modern Cello Playing
平成
30.3.10
博第8号 博士
(音楽)
朴賢娥 A.ドヴォルザークチェロ協奏曲イ長調B.10オーケストラ版演奏に向けての基礎研究
A basic study on the performance of cello concerto in A Major B.10 by A. Dvořák in an orchestral version
平成
30.3.10
優秀賞
博第9号 博士
(音楽)
宮﨑智子 ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ研究 ――二楽器のアンサンブルの視点から――
Study on Beethoven's Violin Sonatas ――from the Perspective of Two Instrument Ensembles ――
平成
30.11.26
博第10号 博士
(音楽)
沖田みずほ A.ソレール鍵盤ソナタの構造原理
A structural principle of Antonio Soler's keyboard sonatas
平成
31.3.5