検索

よく検索される項目

メッセージ

音楽の力で明日をつくろう。

音楽大学は総合力の時代へ。東京音楽大学は音楽大学の枠にとどまらず常に進化し続けています。学生の皆さんが持っている可能性を、より確かなものにするために、あらゆる角度から「総合力」で、その期待に応えます。

    理事長 丸山 恵一郎

    2つのキャンパスで音楽と教養を身につけ、社会に貢献する人材に。

    創立110余年の歴史をもつ東京音楽大学は、この伝統を誇るだけでなく、永年の実績を礎に、今日どのような教育をし、明日どのような教育ができるのかということに意を注いでおります。
    学生諸君がそれぞれ希望の道に進み、活躍できる能力を身につけられるよう、本学では、クラシック音楽を中核として、教養、英語、そしてIT技術を融合した教育を実践しています。その結果、毎年、多くの学生が演奏家となって卒業していく一方で、教員、公務員、企業に就職するなど希望の道に進む学生も数多くいます。
    2019年4月、東京音楽大学は、芸術と親和性が高く緑豊かな中目黒・代官山エリアに新キャンパスを開校しました。専攻を問わずすべての学生が、時代の先端をいく録音・録画スタジオで音源作りの技術を学び、自らの音楽を世界に発信することができます。また、2020年4月に、付属高等学校を池袋キャンパスに移転し、高大一貫教育を充実するとともに、池袋キャンパスの練習環境、IT環境、および英語教育をさらに強化していきます。新生する東京音楽大学で学ぶ皆さんは、異なる風情をもった2つの都心のキャンパスで、芸術性を高め、学ぶ喜びを実感していただけると思います。
    本学は、海外の音楽大学と活発な交流を続けてきました。2018年にはイギリスの名門サセックス大学に2名の正規留学生を送り出し、バーミンガムシティ(RBC)大学とも交換留学制度を調印するなど、世界トップレベルの総合大学との提携にも力を入れています。2010年から始まった上智大学との単位互換制度を利用した幅広い学びも活発です。2020年から聖心女子大学との単位互換制度も開始。皆さんが、本学で4年間真摯に学び、音楽と教養をしっかりと身につけて、広く社会に貢献できる人材に成長されることを願っています。

    学長代行 武石 みどり

    音楽の本質を探究することを通じ、未来を拓く感性と知性を育みます

    東京音楽大学は常に変化し、挑戦する大学です。
    高齢化・少子化、そしてシステム化が進む一方で疫病と戦争の恐怖を目の当たりにして、私たちはまさになにがあってもおかしくない不安定な時代に生きていることを実感しつつあります。しかし、そのような時代であるからこそ、音楽が社会の中で有する意義が見直され、人と人とが直接声を交わし、息を合わせ、同じ空気(響き)を共有することがますます大切なものとなってきました。このように激動し多様な価値観が共存する社会の中で、音楽を学ぶ人間が果たすことができる役割とはどのようなことでしょうか。
    東京音楽大学では、音楽の各分野で絶えず研鑽を積み新しいことに挑戦を続ける教授陣、そして、新しい教育の方向性を力強く支え補う職員たちが一丸となって、皆さんの多様な音楽へのアプローチに応じて、それぞれの「答え」を見出す手助けをいたします。答えはひとつではありません。変わりゆく時代と社会の中で自ら活動の場を創生できる人間力を育むために、本学は専門教育と教養教育の改革への取り組みをとおして自らも変革し、新しい途を拓こうとしています。このエネルギーに満ちた場で皆さんも感性と知性を磨き、自らの目標を見出していただきたいと願っています。