検索

よく検索される項目

メッセージ

音楽の力で明日をつくろう。

音楽大学は総合力の時代へ。東京音楽大学は音楽大学の枠にとどまらず常に進化し続けています。学生の皆さんが持っている可能性を、より確かなものにするために、あらゆる角度から「総合力」で、その期待に応えます。

    理事長 鈴木 勝利

    2つのキャンパスで音楽と教養を身につけ、社会に貢献する人材に

    創立112年を迎える東京音楽大学は、この伝統を誇るだけでなく、永年の実績を礎に、今日どのような教育をし、明日どのような教育ができるのかということに意を注いでおります。
    学生諸君がそれぞれ希望の道に進み、活躍できる能力を身につけられるよう、本学では、クラシック音楽を中核として、教養、英語、そしてIT技術を融合した教育を実践しています。その結果、毎年、多くの学生が演奏家となって卒業していく一方で、教員、公務員、企業に就職するなど希望の道に進む学生も数多くいます。
    今春東京音楽大学は、芸術と親和性が高く緑豊かな中目黒・代官山エリアに新キャンパスを開校しました。専攻を問わずすべての学生が、時代の先端をいく録音・録画スタジオで音源作りの技術を学び、自らの音楽を世界に発信することができます。また、2020年4月に、付属高等学校を池袋キャンパスに移転し、高大一貫教育を充実するとともに、池袋キャンパスの練習環境、IT環境、および英語教育をさらに強化していきます。新生する東京音楽大学で学ぶ皆さんは、異なる風情をもった2つの都心のキャンパスで、芸術性を高め、学ぶ喜びを実感していただけると思います。
    本学は、海外の音楽大学と活発な交流を続けてきました。2018年にはイギリスの名門サセックス大学に2名の正規留学生を送り出し、バーミンガムシティ(RBC)大学とも交換留学制度を調印するなど、世界トップレベルの総合大学との提携にも力を入れています。2010年から始まった上智大学との単位互換制度を利用した幅広い学びも活発です。皆さんが、本学で4年間真摯に学び、音楽と教養をしっかりと身につけて、広く社会に貢献できる人材に成長されることを願っています。

    学長 野島 稔

    熱き情熱で、感性や知性を磨き育てる。

    東京音楽大学は「熱いエネルギー」を擁する大学です。
    音楽と真摯に向き合う学生たちのエネルギー、それに対峙しさらなる情熱を以って指導にあたる教員、そしてそれらを全面的に力強くバックアップする職員たち。我われが目指す方向は一致しています。だからこそ本学にはパワーがみなぎっているのです。また本学にはきわめて豊富な「出会い」の機会があります。いまだ日々研鑽を重ねている現役音楽家でもある教授陣による音楽観、留学生など多種多彩な学生とともに学ぶ「異文化体験」、切磋琢磨し合う仲間や専攻の垣根を越えたアンサンブルとの新たな出会いが、皆さんにとっての音楽探求を通じた人間形成の場となり、将来の目標を自ら見つけるきっかけとなることを、私は切に願っています。