検索

よく検索される項目

ユーフォニアム

中低音域のやわらかい音色が魅力。
吹奏楽ではどんな役割もこなせる万能タイプ

金管楽器の中で歴史が新しく、その分、機能的で扱いやすく設計されているのが特徴。その魅力は男性の声に近い中低音域のやわらかい音色にあります。4本のピストンを駆使して超絶技巧もこなします。
活躍の場は吹奏楽やブラスバンド(金管バンド)が中心ですが、オーケストラの中や金管アンサンブルでも使用されています。メロディを演奏することもあれば、対旋律を担当することもあり、なんでもこなせるいわばユーティリティープレイヤー。時には吹奏楽やオーケストラをバックに従えて、ソロで演奏することも。近年ではアニメの主人公に取り上げられたことにより注目を集めさまざまな場所で演奏する機会にも恵まれています。

≪器楽専攻管打楽器パンフレット≫

技術を学び、習得し表現力を伸ばすことで、
演奏家としても成長できる。

エチュードや基礎練習をしっかりと行うことで、正しい奏法を身につけ、表現する幅を広げていきます。合奏の授業では演奏会を行う機会も多く、ひとつのことをみんなで行う一体感や音がそろった時の満足感など、ひとりでは味わえない喜びを得られます。また、演奏家としてだけではなく、将来、指導者になった時の指導法なども習得していきます。卒業後はコンクールで上位の成績を残すことができればソロの演奏家として仕事が広がることもありますが、多くの人は、吹奏楽団に活躍の場を求めたり、ソロやアンサンブルで活動。全日本吹奏楽連盟の加盟団体が1万4000団体を超える昨今では、指導者として吹奏楽の素晴らしさを伝える道も開けています。

卒業に必要な単位数(2019年度入学生)

専攻(コース) 教養科目 外国語科目 必修科目 選択必修 選択科目
器楽(管打楽器)/ ユーフォニアム 12 12 70 - 30 124
専攻(コース) 器楽(管打楽器)/ ユーフォニアム
教養科目 12
外国語科目 12
必修科目 70
選択必修 -
選択科目 30
124
成績評価について
GPA制度について

ディプロマポリシー

高度な技術と豊かな表現力を獲得していること。専門の楽器に関する深い理解とともに、複数の楽器に関する幅広い知識を修得していること。合奏技術に習熟していること。

カリキュラムポリシー

カリキュラムの目的

  • 10種類の管楽器と打楽器において、高度な技術と豊かな表現力を獲得し、国際的に活躍できる実力を持った音楽家の育成を目指します。
  • 独奏能力だけではなく、合奏技術を高めます。
  • 演奏家、指導者に限らず管打楽器関係のあらゆる職種に必要となる、複数の楽器に関する幅広い知識を獲得します。

上記を通して、様々な音楽分野で活躍できる人材の育成を目指します。

   

カリキュラムの構成

  • 週1回の個人レッスンを通して、高度な技術と豊かな表現力を身に付けます。なお、打楽器は、鍵盤楽器と打楽器一般に分けて2人の教員が担当します。
  • 国内外招聘音楽家の公開レッスンや個人レッスンの実施により、多角的に学ぶ機会も準備されています。
  • 管楽器の特性として合奏技術の習熟が重要であり、「吹奏楽」「管弦楽または合奏」「室内楽」の授業を充実させています。発表の場としての演奏会は職業的実践の場も兼ねています。管打楽器を専攻する全学生は、希望すればこれらの合奏関連授業を受講できます。
  • 管打楽器学生は専攻楽器だけではなく、いわゆる持替楽器としての複数の楽器にも習熟しなければなりません。これらの持替楽器についても実技レッスンを受けることができ、「吹奏楽」「管弦楽」「室内楽」で実習できます。
  • 「管打指導法」では全管打楽器の幅広い知識修得と実践を行います。専門楽器の深い知識と組み合わせることにより、高い応用力を身に付けます。

アドミッションポリシー

管楽器と打楽器において、高度な技術と豊かな表現力の獲得を目指し、様々な音楽分野での活躍を希望する人を求めます。各楽器において、基礎的な演奏技術と表現力を有していることが必要です。

カリキュラムツリー