検索

よく検索される項目

アドミッションポリシー

東京音楽大学では、入学者が本学において実りある学びを円滑に行えるように、アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を定めています。これは、本学を受験する皆さんに、入学前に身に付けておいていただきたい能力や姿勢を示す基本方針です。本学の入学試験や選抜方法には、アドミッション・ポリシーが反映されています。

    • 大学において専門的に音楽を学ぶにあたり、楽譜を読む力、音を聴く力、表現の基礎となるテクニック、様式を捉える力、楽典の知識が、一定のレベルに達していることが重要です。
    • 音楽の学習には外国語も必要です。
    • 専攻によっては、ピアノ演奏や新曲視唱、新曲視奏の基礎的な能力も必要です。各専攻のアドミッション・ポリシーは次の通りです。

    ミュージックリベラルアーツ専攻

    詳細を表示

    声楽専攻

    詳細を表示

    器楽専攻

    詳細を表示

    作曲指揮専攻

    詳細を表示

    音楽教育専攻

    詳細を表示

    吹奏楽アカデミー専攻

    詳細を表示