検索

よく検索される項目

ディプロマポリシー

    大学の使命・目的の項で述べたように、アカデミズムと実学の精神を両立させることによって、
    個の確立、協調性、社会性、国際性を獲得し、広く社会に貢献することのできる人材を世に送り出します。

    社会において音楽家として活動するためには、
    以下の3つの自立を果たすことが必要です。

    ●自ら演奏や作品を組み立てることができる。
    ●自ら音楽における教育の工夫ができる。
    ●自ら音楽活動をする場を作り出すことができる。

    これらの自立を実現するためには、以下のこと
    を修得する必要があります。

    A. 様式に則した演奏能力や創作能力を身に付けていること。
    B. 音楽の理論や歴史、体系を理解していること。
    C. 専門領域に留まらない教養を身に付け、演奏家、教育者を始め、様々な音楽分野で活躍できる力を持っていること。

    D. 複数の外国語の基本を身に付けていること。
    E. 社会における音楽の役割について考察し、活動できること。
    F. 上記の学習した事柄を総合して、専攻した音楽の分野を的確に表現できること。

    以上の能力を身に付け、所定の単位を取得した者に対して、卒業を認定し、学士の学位を授与します。

    各専攻の学位授与の基準事項

    ミュージック・リベラルアーツ専攻

    詳細を表示

    声楽専攻

    詳細を表示

    器楽専攻

    詳細を表示

    作曲指揮専攻

    詳細を表示

    音楽教育専攻

    詳細を表示

    吹奏楽アカデミー専攻

    詳細を表示

    教養科目

    詳細を表示