検索

よく検索される項目

ピアノ・創作コース 在学生受験体験記~愛をこめてを掲載しました

受験を考えた時期、悩んだこと、がんばったことetc…受験を乗り越えたピアノ・創作コースの先輩たちからの、愛のこもったメッセージをどうぞ。

自分を成長させてくれるコース

■ 追川芽以/ピアノ・創作コース4年

(伊奈学園総合高等学校卒業)
 

私は他大学も視野に入れていたこともあり、一般受験をしました。学科の勉強のほかにピアノ実技、創作課題、ソルフェージュ、楽典…さまざまな試験科目の対策が必要なため、限られた時間を上手く活用することを心がけました。
このコースでは、毎週のピアノと作曲のレッスンなどをとおして、多面的に音楽を学ぶことができます。ピアノと作曲の両立に苦労することもありましたが、ここでの経験は自分の糧になるはずです。
受験のその先の未来に向かってがんばってください!

ピアノと作曲の相乗効果

■ 宍戸絢香/ピアノ・創作コース4年

(東京音楽大学付属高等学校卒業)
 
私は、ピアノと作曲の両方を主専攻として学べるピアノ・創作コースに進みました。高校生の頃は両立に苦労しましたが、ピアノの練習に行き詰まったとき、ふとした所で作曲の経験が役に立ったり、またその逆もあったりと、学びの多い学生生活を送っています。
また、演奏や作編曲、授業などをとおして、異なる専攻・学年の仲間と交流することで、新たなアイディアを吸収し、刺激を受けています。
皆さんの実りある大学生活を、心よりお祈りしています。

音楽が大好きな仲間が集う

■ 池上亜貴子/ピアノ・創作コース3年

(甲斐清和高等学校卒業)
 
ピアノ・創作コースに限りませんが、東京音楽大学には本当にすてきな方々が集まっています。皆音楽が大好きで、ピアノも作曲も、ほかの楽器ももちろんとってもすてきです。皆の演奏を聴くたびに「私もまだまだがんばれる」そんな風に思える環境がここにはあります。
受験生の皆さんの奏でる音を楽しみに待っております!

自分にピッタリのコース

■ 新原有紀子/ピアノ・創作コース2年

(池田学園池田高等学校卒業)
 
私が受験を決めたのは、師事したい先生がいらっしゃったことと、ピアノと作曲どちらも勉強できる科がある、と聞いたからです。ピアノ・創作コースは「ピアノの演奏をより深いものにしたい、そのため別の視点がほしい。加えて作曲もできるようになりたい」という私の無謀な思いにピッタリのコースでした。どのような科なのか、イメージしづらいと思います(正直、名前そのままなのですが…)。ですが、自分のしたいことがぶれなければ、忙しくはありますが、とても充実した大学生活を送ることができます!

その先の未来を見据えて

■ 齋藤陽萌/ピアノ・創作コース1年

(東京音楽大学付属高等学校卒業)
 
私が東京音大を受験したのは、ピアノ・創作コースがあったからです。ピアノと作曲、どちらもやりたい私にとって、この専攻はとてもすばらしいものでした。当時習っていた先生に勧められ、付属高校からこの専攻を選び、今日まで続けています。
今の時期、受験生の皆さんは一番大変な時だと思いますが、その先の未来を見据えてぜひがんばってください!

練習した日々を信じて

■ 藤田花音/ピアノ・創作コース1年

(共立女子高等学校卒業)
 
私が東京音楽大学を志望したのは、高校2年生の時に参加したオープンキャンパスで師事したいと思った先生に出会えたからです。普通科の高校に通っていて身近に音大受験をする人がいなかったので、入試や受験講習会などの情報をすべて自分で調べなくてはいけなかったのが大変でした。コロナ禍での受験だったので不安になることも多くありましたが、練習した日々を信じて挑めばきっと上手くいきます。皆さんもぜひがんばってください。