検索

よく検索される項目

2021.01.30

【在学生メッセージ】吹奏楽アカデミー専攻 津﨑未佳さん2年(トロンボーン)を掲載しました

 ■ 津﨑未佳/吹奏楽アカデミー専攻2年(トロンボーン)

(鹿島学園高等学校卒業)

  

ここでしか学べない
 

吹奏楽アカデミー専攻を勧めてくれた人は通っていた音楽教室の先生でした。その先生の娘さんが東京音楽大学へ通っていて、そこで情報を得て教えてくれました。
私は当時、一般大学の教育学部を目指していました。そこで部活動に入って将来教員を目指そうと考えていましたが、吹奏楽アカデミー専攻が受験する年に新設されることを知り、カリキュラムや講師陣を見た時、「ここでしか学べない、絶対この大学に入学したい!」と思い、オープンキャンパスに参加したり、勉強や練習をがんばりました。
 

他専攻の友だちがたくさん
 

私は他専攻の人たちと関わる機会が多く、友だちもたくさんいます。私がこの吹奏楽アカデミー専攻を選んだように、他の専攻の人たちもその専攻を選んだきっかけや決め手があるので、その話を聞いたりして、私が知らないもっと専門的な知識を得ることができます。同じ音楽大学に通っていてもまったく違うモチベーションで、学ぶ内容も違うのでとても刺激になります。
 

普通卒業してから経験するようなことを在学中に体験できる
 

「ワークショップ」*の授業が今一番楽しみです。
「バンドディレクション」でいろいろな先生方から学んだ総合的な指導法や、「楽器別指導法」、「管打アンサンブル」などで学んだ細かい知識の要る指導を実際に生かせる機会です。不安なことも多いのですが、普通なら卒業してから経験するようなことを在学中に体験できるのでとても楽しみです。

* 「ワークショップⅠ・Ⅱ」では、学内外で行われるさまざまな吹奏楽のイベントに裏方として参加したり、学校の吹奏楽部で指導したりする授業で、生の現場に触れることで実践的な力を養うことを目的としています。
 
これから受験を考えている皆さんへ
 

私の周りには、音楽に携わっている人があまりいなくて、音楽大学というものをあまり理解していませんでした。そんな私が音楽大学を目指したのも高校2年の春でした。音楽の先生や当時レッスンを受けていた先生に勉強を教えていただき、受験日までに実技はもちろん、楽典や吹奏楽についての知識をつけるために朝から夜まで受験勉強に専念しました。そのおかげで受験当日は、自分なりに力を発揮できたと思います。一番大切なのは、吹奏楽が大好きだという思いを常にもつことなんだと思います。